新人ですが、仕事でミスが多いので悩んでいます・・・

以下は新卒2年目、学童指導員、学童保育の方の体験談です

ミスの内容・きっかけ

私は1年目の新人の時、仕事でミスをしょっちゅうしていました。

どのようなミスかといいますと、子どもをまとめる時のミスです。

子どもの人数が多ければ多い分、まとめるのは大変です。

子どもを集めて話をしたい時に、静かにさせないと話はできません。

しかし、なかなか静かになってくれなくて、そのせいで話ができず、

その後の動きがぐちゃぐちゃになってしまった時がありました。

そんな時に、「まだ1年目だからしょうがないよ。」といった優しい言葉をかけてはもらえず、もともと気の合わなかった先輩から、「あなたがちゃんとしないからよ。」といったような言葉を言われてしまいました。

そういったことは一度や二度ではなかったので、そのたびに落ち込みました。また、毎日行われる会議の時にも、私だけ自分の意見を言うことができず、そんな自分が嫌でした。

落ち込んだり自分が嫌になって悩んでいても、なかなか家族や友人にも話すことができず、自分の力のなさにどんどん落ち込んでいきました。

先輩のアドバイスで落ち込まなくなりました

しかし、そんな時に、私の状況に気が付いてくれた職員がいたのです。

始めは私と先輩との関係について心配してくれたようでしたが、

それでも、飲みに誘ってくれたおかげで、話すことができたのです。

その先輩は、自分が1年目の時も、会議では発言できなかったし、

子どもをまとめることもできなかったと言ってくれました。

更に、私が頑張っていることはわかっているから…とまで言ってくれたのです。

とても嬉しかったです。

自分の気持ちを理解してくれているだけではなく、自分の頑張りを認めてくれる人がいるということがとても嬉しかったのです。

その次の日からも、会議ではなかなか発言できませんでしたし、同じようなミスも繰り返しました。しかし、そこまで落ち込むこともなく、前向きに考えられるようになったのです。

「今日はダメだったけど、明日は頑張ろう。まだ1年目だからしょうがない。今年は先輩たちの動きをよく見て学んで、来年に活かそう。」と思うことができるようになりました。

実際に今2年目で、会議ではどんどん発言していますし、子どもをまとめることもできています。

実はその先輩は辞めてしまったのですが、先輩の言葉は今も私を支えてくれています。

一人で悩んではダメですす

何か仕事でミスをしてしまって悩んでしまった時には、誰かに話すことが一番大切だと思います。

自分一人で悩んでいても解決できませんが、誰かに話すだけですっきりしますし、何か答えが見つかるかもしれません。

私の場合も、話せてすっきりできましたし、今年はとにかく学んで来年に活かそう…と思うことができました。

家族でも友人でも恋人でも職場の人でも、誰かしらに話して、まずはストレスを発散しましょう。

話した相手から答えを得られなくても、すっきりできることで前向きになれることも十分にありますし、すっきりできたことで自ら答えを見つけられることもあります。

誰でも最初はミスをします。自分に自信をもって頑張ってください。

関連記事