とにかく、いつも仕事に行きたくないと思っていました

私はあまり気が進まない仕事に就いた時は、いつも仕事に行きたくない、特に朝は、葛藤の連続でした。

今思うと、仕事に行きたくない病でしたね。

しかし、生活のためには仕事をしなければならず、毎日我慢しながらなんとか仕事に行っていました。

とにかく仕事を辞めるにも次の仕事が決まらないと辞めることができないので、転職活動のほうに意識を向けるようにしていました。

そして、なるべく今の仕事に対しての感情は捨てて、無意識で淡々と仕事を行うようにしました。

すると、今までよりも嫌な感情が抜けて、無の状態で仕事を続けることができました。

仕事に行きたくないという感情も無くなっていきました。

嫌なことをたくさん考えてしまうと、さらに会社に行くのが嫌になります。

大変な時にこそ、物事や時間を細かく区切って行動することが大切です。

小さな区切りなら、何とか頑張ることができます。

この小さな区切りを一つずつクリアしていくようにすると良いでしょう。

一つは小さなことでも、これが積み重なっていくと、大きな自信へと繋がっていきます。

仕事も波がありますので、大変な時は、なるべく大波をかぶらないようにすることも大切です。

仕事の後の楽しみを見つけて、そのために仕事を頑張るという風にするのもよい方法でしょう。

関連記事